【英作文と文法を極めたい人におすすめ】英文添削サービスでライティング力強化!

英文添削サービスを活用しよう
  • そもそも英文添削サービスってなに?
  • 無料のAI添削と有料の英文添削サービスとの違いは?
  • どの英文添削サービスを選ぶべき?
  • 英文添削サービスを利用している人の活用法を知りたい!
  • 英文添削サービスを利用するとどんな効果があるの?

英作文が苦手「正しい文法を使って英文ライティングできる自信がない
そんな不安を感じていませんか?

翻訳者として毎日英文を書いている私も、最初は自分の表現や文法にまったく自信がありませんでした。

ちび

それで英文添削サービスを使い始めたの?

ぺんさん

はい!プロに添削してもらえれば、文法ミスや不自然な表現に気づけると思ったんです

ちび

AIもあるし、添削サービスにも色々あるよね?

ぺんさん

今回は、私がおすすめする添削サービスと活用法をすべて紹介します!

この記事を読むとわかること
  • 英文添削サービスでは「英語のプロによる文法指導&ナチュラルな表現の提案」が可能
  • AI添削もある程度は有用。本気でライティングを極めたいなら有料添削サービスがおすすめ!
  • 私のおすすめは「フルーツフルイングリッシュ(Fruitful English)」
  • 翻訳者の私は「ビジネスメールやライティングテスト対策」で添削サービスを活用
  • 語彙力&文法力が爆伸びするからライティングに自信がつく!

私は仕事で毎日英文を書いているので、駆け出しの頃から英文添削サービスでチェックしてもらっています。

TOEIC満点講師やバイリンガル講師の指導により、TOEIC® Writing TESTで190点/200点も達成できました!

今回は、5年以上英文添削サービスを活用している私の実体験をもとに、おすすめの英文添削サービス&添削サービスの活用法を徹底解説します。

産業翻訳者です
ぺんさんの実績
  • 未経験から1年で10社の翻訳トライアルに合格
  • 英→日リード翻訳者として月収50万円を維持
  • TOEIC 955点
  • 校正者としての実務経験あり
  • 英会話アプリ&オンライン英会話でスピーキングレベルがCEFR C1レベルまで向上
目次

英文添削サービスの基礎知識

添削サービスとは

英文添削サービスの種類

ほとんどの英文添削サービスは有料です。

ChatGPTなどの生成AIが普及するにつれ、AIで無料で添削することも可能。

しかし、正確性を重視している人には講師による添削サービスがおすすめです!

無料のAI添削と有料添削サービスとの違い

提供サービスAI添削(無料)添削サービス(有料)
文法ミスの指摘ありあり
講師によるチェックなし
(AIによる自動応答のみ)
あり
(プロの英語講師/翻訳者・通訳者など)
代替表現の提案可能
(不自然な提案/提案漏れあり)
可能
(高度な表現も提案可能)
復習機能なし
(履歴を手動で保存する必要あり)
あり
(履歴を参照可能)
ライティングテストへの対応一部あり
(AIにリクエストすればある程度は可能)
あり
(各テストの例題を使用できるケースもある)

英文添削サービスを利⽤するメリット&デメリット

無料/有料に関わらず、自分が書いた英文をチェックしてもらうとライティングが上達します!

添削サービスを利用するメリット
添削サービスを利用するデメリット
  • 自分では気付けない文法ミスを把握できる
  • シーンに応じた適切な表現を学べる
  • ネイティブが使うより自然な言い回しを学べる
  • ライティングテストで高得点を取りやすくなる
  • 利用料がかかる場合がある
  • 添削が返ってくるまでに時間がかかる

たとえば、ビジネスメールを書く場面を思い浮かべてみてください。

敬称の使い方・丁寧表現のレベル・避けるべき表現などを知らずに書いてしまうと、相手に失礼になってしまうこともあります。

ビジネスメールにありがちな疑問
  • “Dear”、”Hi”、”Hello” のどれが適切?
  • “Can you…?” と “Could you…?” の丁寧度の違いは?
  • 文中のコンマってどこで打つべき?
  • “Thank you for…” と “I appreciate…” の違いは?
  • “Did you check my email?” は失礼な言い方?

英語のプロに添削してもらえば、こうした疑問がすべてクリアになります。

ちび

料金はかかるけど、プロの添削を受けるメリットはかなり大きいね!

無料の添削ツールで何ができるの?

無料の添削ツール

「有料添削サービスに対して無料の添削ツールはどの程度有効なのか?」を検証してみましょう。

ここでは、各添削サービスを以下のように定義します。

AI添削: ChatGPT-4(無料)のような汎用型の生成AIによる添削
英文チェックツール: 無料で使える英文添削特化型のツールによる添削
有料添削サービス: 英語のプロが手動で行う有料の添削

AIや無料の英文チェックツールで添削する方法

無料のAI/英文チェックツールには以下のようなものがあります。

  • ChatGPT(汎用型の生成AI)
  • Copilot(汎用型の生成AI)
  • Grammarly(英文チェックツール)
  • Ginger(英文チェックツール)
  • TRINKA(英文チェックツール)

汎用型の生成AIではプロンプトの入力(AIへのリクエスト)が必要ですが、英語添削に特化した英文チェックツールではプロンプトが不要!

ただし、「Grammarly」や「Ginger」で詳細な添削を行うためには有料登録が必要になります。

汎用型の生成AIで添削するには?

ChatGPT-4で英文添削する手順
STEP
テキスト入力またはファイルのアップロードで英文を提示→
「この英文の文法ミスを指摘&修正して」というプロンプトを入力
ChatGPTの英文添削1
クリックすると拡大します
STEP
さらに「より自然な代替表現があれば教えて」というプロンプトを入力
→代替表現が提案される
ChatGPTの代替表現
クリックすると拡大します

英文チェックツールで添削するには?

Grammarlyで英文添削する手順
STEP
Grammarlyにログインして [New Document] をクリック
grammarly1
クリックすると拡大します
STEP
左パネルに添削したい英文を入力
→右パネルにミスが一覧表示される
grammarly2
クリックすると拡大します

「Grammarly」の場合、無料で添削できるのは基本的な文法ミスのみです。

汎用型の生成AIよりも手軽に使えるだけに、無料だと添削に限界があるかもしれません・・・

ちび

無料の添削ツールの精度はどう?

ぺんさん

ある程度は正確ですが、ミスの指摘漏れはありますね・・・

有料添削サービスとの比較と無料の添削ツールの限界

「ChatGPTによる添削」と「有料添削サービスによる添削」を比較してみましょう。

ChatGPTで「次の英文の文法ミスを指摘&修正してください。より自然な代替表現も教えてください。」というプロンプトを入力し、有料添削サービスと同じ条件で検証します。

ぺんさん

有料添削サービスとして「フルーツフルイングリッシュ」を例に挙げます

比較するポイントはこちら

  • 修正すべき文法ミスが指摘されているか?
  • 指摘内容に誤りはないか?
  • 提案された代替表現の質は?
添削する英文(オリジナル)
ChatGPTの英文添削1
クリックすると拡大します
ChatGPTの添削と代替表現

添削

ChatGPTの添削2
クリックすると拡大します

緑色: 指摘すべきミスが抜けている
水色: 正確にミスが指摘されている

代替表現

ChatGPTの代替表現
クリックすると拡大します

赤色: 提案された代替表現

Fruitful Englishの添削と代替表現

添削と代替表現

フルーツフル講師による添削1
クリックすると拡大します

水色: 正確にミスが指摘されている
赤色: 提案された代替表現

補足説明

フルーツフルイングリッシュの講師のアドバイス
クリックすると拡大します

※補足説明は一部のみ抜粋しています

比較した結果をまとめると・・・

  • どちらも指摘の誤りはない
  • ChatGPTでは指摘漏れがある(数字の表記ミス/heatstrokeのような一語にすべき単語)
  • 講師による提案と比較して、ChatGPTが提案する代替表現は難易度や汎用性が低め

ビジネス関連の英文や論文、ライティングテストの課題などで活用するには、無料のAI添削には限界があることがわかります。

無料の添削ツールがおすすめな人

有料添削サービスとの比較でわかるように、無料の添削ツールは完璧ではありません。

しかし、「簡易的な添削でもOK」「待ち時間がもったいない」という人には無料ツールがおすすめ!

以下のようなニーズがある人は、無料の添削ツールでも十分に満足できるはずです。

  • その日に書いた日記を添削してほしい
  • 詳細なアドバイスよりも致命的な文法ミスのみを指摘してほしい
  • 講師とのやり取りなしに気軽に英文をチェックしたい
ちび

スマホアプリでもできるから時短になるしね!

ぺんさん

英語初心者なら無料の添削ツールから始めるのもアリですね

おすすめの有料英文添削サービスとサービス内容

有料の添削サービス

有料添削サービスの種類

クラウドソーシングで個人的に添削を受けられるケースもありますが、ここでは主な2種類の添削サービスを紹介します。

①講師によるオンラインの英文添削サービス

メールやオンラインのプラットフォームなどを利用して、バイリンガル講師やネイティブ講師の添削を受けられるサービスです。

基本的にはスピーキングレッスンなどの付随サービスはなく、提出した英文のチェックと代替表現の提案を受けられます。

文字数の追加や講師の指名、詳細な解説の有無などによって追加料金がかかる場合が多く、用途に応じてカスタマイズすることが可能!

講師の特長
  • TOEIC900点超え/翻訳者・通訳者などの英語力が高い講師
  • バイリンガル講師
  • ネイティブ講師 など

フルーツフルイングリッシュ(Fruitful English)

150万件以上の添削実績を誇る「カスタマイズ&継続しやすい」英文添削サービス。

1回あたり550円から利用できるので、コスパが良く続けやすいのが特長です。

「講師の指名」や「納期の指定」などのオプション料金もわかりやすく、足りなくなったらすぐにチケットを追加購入できるのも便利!

フルーツフルイングリッシュ(Fruitful English)がおすすめな人

  • お気に入りの講師を指名したい
  • 課題文だけでなく持ち込みの英文を添削してほしい
  • 添削履歴を参照して復習したい
  • 定期的に課題を提出できない場合もある
  • 予約なしで気が向いた時に提出したい
フルーツフルイングリッシュのポジティブな口コミ
フルーツフルイングリッシュのネガティブな口コミ
ちび

ぺんさんはずっとフルーツフルのお気に入り講師にお願いしてるよね?

ぺんさん

はい!もう5年になるので自分の弱点も把握してくれています

\ 有効期限がないから忙しくてもOK!添削の質は業界随一 /

無料体験で2回添削可能

アイディー(IDIY)

複数のメディアで紹介された「スピーディーな添削」が魅力の英文添削サービス。

「24時間以内に返信」のように講師の納期目安がわかるので、急ぎで添削してほしい場合でも安心!

定期券制なので料金のわかりにくさはありますが、特に日本人講師の指導品質が高めです。

アイディー(IDIY)がおすすめな人

  • お気に入りの講師を指名したい
  • 課題文だけでなく持ち込みの英文を添削してほしい
  • 添削履歴を参照して復習したい
  • アプリで直感的にやり取りしたい
  • 付随サービスなしで添削のみに集中したい
アイディーのポジティブな口コミ
アイディーのネガティブな口コミ
ちび

ぺんさんも前に利用していたよね?

ぺんさん

添削が丁寧でした!ただ、フルーツフルのように納期の確約がないのがデメリットですね・・・

\ 丁寧でスピーディーな添削がアプリひとつで! /

無料体験で100ワード程度の添削が可能!

②英文添削付きオンライン英会話

ライティングだけでなく、スピーキングも伸ばしたい人におすすめのサービスです。

ライティングと添削がセットになったプランや、レッスン内で講師に添削をリクエストできるプランがあります。

「英文を書く→発話する」プロセスで、効率的に複数のスキルを伸ばせるのがポイント!

講師の特長
  • ライティング&スピーキング力が高い講師
  • バイリンガル講師
  • ネイティブ講師 など

 Best Teacher(ベストティーチャー)

ライティング→リスニング→スピーキング」がセットになった画期的なオンライン英会話

「書く→話す」が1つのプロセスになっているので、インプット&アウトプットで効果が倍増します。

プランもわかりやすく、添削とレッスンを毎日受けられるのも魅力です。

Best Teacher(ベストティーチャー)がおすすめな人

  • 添削サービスとオンライン英会話の両方に興味がある
  • 課題に沿ってライティング練習したい
  • ライティングだけでなくリスニング/スピーキング力も強化したい
  • 講師から対面でフィードバックをもらいたい
  • 毎日コツコツ学習したい
Best Teacherのポジティブな口コミ
Best Teacherのネガティブな口コミ
ぺんさん

自分が書いた英文を使ってオンラインレッスンできるのが画期的!

\ 「書く→話す」が一度にできるオンライン英会話 /

無料体験で「英作文&英会話」を1回お試し可能

マイチューター(My Tutor)

「ライティング試験にも対応」した高品質なオンライン英会話

英文添削やライティングテスト対策に精通したフィリピン人講師の指導により、英語4技能を効率的に強化できます。

よりコスパを抑えたい人には、メールで添削結果が返ってくる「添削くん」もおすすめです!

マイチューター(My Tutor)がおすすめな人

  • 添削サービスとオンライン英会話の両方に興味がある
  • ライティングテスト対策を重視している
  • ライティングだけでなくリスニング/スピーキング力も強化したい
  • 講師から対面でフィードバックをもらいたい
  • 時間がない時は添削だけ利用したい
マイチューターのポジティブな口コミ
マイチューターのネガティブな口コミ
ぺんさん

TOEIC® S&W TESTや英検対策にもピッタリ!

\ メール添削もレッスンでの添削もOK。講師の質が高い! /

無料体験でレッスンを2回お試し可能*¹

*¹ 「添削くん」では無料体験を利用できません。

有料添削サービスの料⾦体系

各添削サービスの料金体系はこちら。

純粋に英文添削だけをしてもらう場合は「講師によるオンライン添削サービス」を、
英会話レッスンも受けたい場合は「添削付きオンライン英会話」を選ぶと良いでしょう。

青色: 講師によるオンライン添削サービス
緑色: 添削付きオンライン英会話

スクロールできます
サービス名利用できるサービス料金備考
Fruitful English
(フルーツフル
イングリッシュ
)
英文添削:
自由作文/メール添削/ライティングテスト対策などコース多数
英作文チケット 5(600文字まで1回): 2,750円~
※600文字を超えるごとにチケット1枚消費(1枚あたり550円)
・ポイント制
・持ち込み添削可能
・講師の指名が可能
・お急ぎ添削可能
・英文校正/翻訳も対応可能
アイティー
(IDIY)
英文添削:
自由作文/メール添削/ライティングテスト対策などコース多数
1日1回50単語/解説なし: 3,750円~
1日1回50単語/解説あり: 4,900円~
・定期券で購入
・持ち込み添削可能
・講師の指名が可能
・お急ぎ添削不可
・英文校正/翻訳も対応可能
Best Teacher
(ベストティーチャー)
英文添削
リスニング練習
スピーキングレッスン
12,000円/月回数無制限
(英文添削は同時に3件まで)
マイチューター
(My Tutor)
メールでの英文添削
TOEIC® Writing TEST対策
英検/IELTS対策
フリートーク 他
添削くん:
1,470円~
レッスン内で指導:
6,980円~19,980円
・添削くん:
講師がメールで添削
・Skypeレッスン:
レッスン内で添削可能
・担任制も選べる
2024年5月時点の情報です。添削回数などの内容は各サービスごとに異なります。

英語添削サービスの選び⽅

選び方のコツ

おすすめの添削サービスをいくつか紹介しましたが、以下のポイントを考慮して最適なサービスを選びましょう。

添削実績&利用者数

添削実績や利用者数はそのサービスの信頼性を表すものです。

マイナーなサービスを選ぶよりも実績あるサービスを選ぶことをおすすめします!

オンライン英会話では、講師の数や指導実績もチェックしておきましょう。

ぺんさん

実績のないサービスでは「添削に時間がかかる&料金が高い」などのデメリットがあります

スクロールできます
サービス名実績
Fruitful English
(フルーツフル
イングリッシュ
)
添削実績150万件以上
ユーザー数9万人以上
アイティー
(IDIY)
添削実績90万件以上
ユーザー数9万人以上
Best Teacher
(ベストティーチャー)
講師数200名程度
合格率4%の厳しい採用基準
マイチューター
(My Tutor)
講師数30名程度(担任制度あり)
「政府公認英語教師資格者」などの優れた講師のみ採用
2024年5月時点の情報です

ニーズとコスパのバランス

料金が高すぎるサービスを選んでしまうと、継続しにくく挫折してしまいがち・・・

選び方に迷ったら、ニーズに合わせてサービスを絞り込むことをおすすめします!

選び方の一例
添削サービスの選び方チャート
クリックすると拡大します
ぺんさん

私のように「不定期で利用したい」場合、月額制のサービスは不向きです

講師の質と評判

「TOEIC900点超え」「英検1級所持」「海外経験10年」といった講師の実績や、利用者の口コミは重要です!

サービスによっては公式サイトで講師の経歴や口コミが公開されているので、SNSでの評判とあわせてチェックしておきましょう。

フルーツフルイングリッシュの講師紹介ページ
フルーツフルイングリッシュの講師プロフィール
クリックすると拡大します

ちょっと戻っておすすめサービスの口コミをチェックする

英文添削サービスを最⼤限に活⽤するコツ

最大限に活用しよう

復習を徹底する

英文を提出しただけで満足してしまいがちですが、何度も復習しないと知識が定着しません。

有料添削サービスでは、履歴を参照できる&復習をリマインドしてくれる機能を有効活用しましょう!

オンライン英会話の場合、添削済みの課題を保存しておく&レッスンを録画するのがおすすめです。

フルーツフルイングリッシュのプラットフォーム

クリックすると拡大します

フルーツフルイングリッシュのプラットフォーム1
[復習]ボタンから添削履歴にアクセス可能
フルーツフルイングリッシュのプラットフォーム2
講師や日付でソート可能
ちび

メールで復習リマインダーが届くのもいいね!

アイディーのプラットフォーム

クリックすると拡大します

アイディーのマイページ1
[添削結果]から添削履歴にアクセス可能
アイディーのマイページ2
お気に入り機能でソート可能

積極的に質問する

特にオンライン英会話を利用する場合は、講師に直接質問できるのがメリットです。

文法の説明や代替表現の提案もしてくれるので、遠慮せずにたくさん質問しましょう!

「ビジネスではもっと丁寧な表現のほうが良いですか?」のように質問すれば、ネイティブやバイリンガル講師の感覚を身につけることができます。

ちび

オンラインの添削サービスでも質問できるの?

ぺんさん

追加料金が発生する場合もありますが、自由に質問できますよ

お気に入りの講師を指名する

オンラインの英文添削サービスには指名オプションがあります。

オンライン英会話の場合でもお気に入りの講師を指名予約すればOK!

最初のうちはさまざまな講師に添削を依頼して、相性が良い講師が見つかったら指名するようにしましょう

スクロールできます
サービス名指名オプション
Fruitful English
(フルーツフル
イングリッシュ
)
講師の指名: チケット1枚(550円)が必要
アイティー
(IDIY)
講師の指名: 無料
2024年5月時点の情報です
ちび

いつでもお気に入り講師を指名できるの?

ぺんさん

アイディーでは空きがない講師が多くて、指名できないことが結構ありました

ちび

フルーツフルイングリッシュは指名しやすい?

ぺんさん

講師の休暇も事前にチェックできるので、指名できなくて困ったことはありません!

\ 有効期限がないから忙しくてもOK!添削の質は業界随一 /

無料体験で2回添削可能

私の英文添削サービス活用法

私の活用法

添削サービスを利用するタイミング

私は、主に以下のような時に英文添削を依頼しています。

  • 内容が複雑(雇用や報酬に関することなど)なメールを書く
  • 英文でガイダンスなどの資料を作成する
  • ライティングテストを受験する

翻訳者になりたての頃は、メールを書く度に添削をお願いしていました。

ビジネスメールの場合は書き方や表現が違うので、普段から日記を書いている人でも添削は役立ちます!

ぺんさん

正しい英文を書いているつもりでも、ネイティブが見たら不自然な表現になっていることは良くあります・・・

また、ライティングテストでは必ず誰かに英文をチェックしてもらいましょう。

テスト対策なら日本人講師に見てもらうと確実です。

ちび

なんで日本人講師なの?

ぺんさん

文法やニュアンスの説明は、日本語でしてもらった方がわかりやすいからです

イチオシの添削サービスと添削例

今回紹介した添削サービスはすべて利用したことがありますが、私のおすすめは「Fruitful English(フルーツフルイングリッシュ)」です!

私が5年以上継続利用している理由はこちら

  • テンプレ解答ではなく、添削の質が良い
  • 講師の指名がしやすい
  • お気に入りの講師が自分の弱点を把握してくれている
  • 600文字以上の英文を添削してもらうことが多いため、コスパが良い
  • 復習機能が使いやすい

最初のうちは日本人講師とネイティブ講師を交互に選択していましたが、やはり詳細な添削はバイリンガルの日本人講師が一番だと感じています。

ライティングテスト問題の添削例

クリックすると拡大します

フルーツフルイングリッシュの添削詳細
1文ごとに修正箇所を確認可能
フルーツフルイングリッシュの講師のアドバイス
講師によるアドバイス

添削サービスで得られた効果

ライティング力の向上はもちろん、継続して添削を受けることで表現の幅が広がりました!

ライティングテストなどで役立つ「パラフレーズ*³ 」ができるようになり、語彙力や文法力も劇的に上がったと実感しています。

*³ パラフレーズ: 同じ意味の表現を違う語句で言い換えること

実感している効果
  • ネイティブがよく使うイディオムをたくさん習得できた
  • 分詞構文や倒置などの高度な構文を使いこなせるようになった
  • 冗長な文章ではなく、シンプルに書けるようになった
  • スペルミスが減った
  • 語彙のストックが増えたため、ライティングスピードが上がった
ちび

ライティングの参考書で勉強する方法もあるけど、それと比べてどう?

ぺんさん

もちろん本も役立ちますが、添削では大量にアウトプットできるので効果が倍増しますよ!

英文添削サービスに関するよくある質問

英文添削のよくある質問
ネイティブ講師と日本人講師のどっちを選ぶべき?

用途や英語力のレベルに合わせて選ぶのがおすすめです。

ネイティブ講師がおすすめ日本人講師がおすすめ
日記や友人向けのメールなどの添削ビジネスに関する英文の添削
SNSやブログ向けの英文の添削ライティングテスト課題の添削
英語で解説を理解できる場合日本語で詳細なアドバイスが欲しい場合
添削結果に満足できない場合はどうする?

中にはテンプレ解答のみで返送してくる講師もいます。

他にも「修正箇所が少なすぎる」「指摘に誤りがある」といった不満がある場合は、サポートに連絡するか各サービスの指示に従ってください

まったくの英語初心者でも利用できる?

もちろんできます!

英語力のレベルに関わらず、講師は丁寧に添削してくれるので安心してください。

英文ライティングに慣れていない場合は、日記やSNSの投稿などの短い文章から挑戦することをおすすめします。

英文添削と英文校正との違いは?

「ネイティブ講師やバイリンガル講師などによるチェック」という点では同様です。

しかし、添削と校正は目的が異なります。

英文添削の目的

文法の誤りや不自然な表現を指摘し、より正確で自然な英文になるようにする。

英文校正の目的

指定されたスタイルルールや用語集に従い、誤字脱字を修正してや構成・スタイルなどを整える

持ち込み添削とは?

「持ち込み添削」とは、自分で書いたオリジナルの英文を添削してもらうことです。

添削サービスにはあらかじめ課題やトピックが用意されている場合がありますが、それとは別に「自由に書いたもの」を添削してもらえるサービスです。

英文ライティングと文法を極めたいなら添削サービス!

添削サービスを活用しよう

今回は、5年以上添削サービスを利用している私が「おすすめの英文添削サービス&添削サービスの活用法」を解説しました。

この記事のポイントをまとめると・・・

  • プロによる英文添削サービスでは「文法指導&ナチュラルな表現の提案」が可能
  • AI添削も簡易的には使える。ライティング力向上を目指すなら有料添削サービスを選ぼう!
  • 私のイチオシは「フルーツフルイングリッシュ(Fruitful English)」
  • 私はビジネスメールやライティングテスト対策で添削サービスを活用
  • 語彙力&文法力が爆伸びするからライティングに自信がつく!

ライティング力を伸ばすことはスピーキングの上達にも繋がります。

自分に合った添削サービスを活用して、統合的な英語力アップを目指しましょう!

英文添削サービスを活用しよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次